台風(第二版)

 明け方に台風が来ると云う事だから、私のちいさい住処の雨戸を全部閉め切ってしまい、外に転がっていたがらくたやらを内へ仕舞った後、裏の山へ少し入った所にある神社へ向かった。途すがら空を見上ると、昨日まで入道雲の大きいのが威張っていた所を、今は灰色の薄雲が非常な速さで流れている。辺りの木立や向こうの竹藪が、あっちを向いたりこっちへお辞儀したりしているが、そうやって周り騒がしくなって行くに連れて、色々の物音が段々と静まって行った。自分の身体だけが静かな所へ置き去りにされた様に思われて、何だかさみしい気持ちになって来る。
 境内に入り、奥の開けた所へ行くと下界がよく見渡せる。向こうの山際に薄っすらと夕日の跡が残っている。外の所は皆既に真暗で、山の底でちいさい明かりが団子になっている所が町なのだろう。大きな風の塊が私をまともに打ったと思うと、今度は別の見当から風が吹いて来る。今時分からこの調子だから、台風の本丸が到来する頃には大変な事になるのではないか。あの狛犬やら灯籠やらも、皆倒されてしまうかも知れない。ゆっくり倒れる所を想像すると、こわくなって来た。
 何だかよく解らない、木の葉の様なものが目の前をすり抜けた途端、自分の身体が宙に放り出された。吃驚して身を硬くした時にはもう山よりも高い所に居た。
 突っかけていた草履が脱げてしまわないように、爪先を窄めて堪えている。自分は今空に居るけれど、どれ程の速さでどこへ向かっているのかまるで解らない。上も下も真暗だが、空も地面も、星明かりと町明かりとの見分けもつかない。私の居る方が空ならば、もっと暗い方が地面なのだろうと思う。台風の風に吹かれて飛ばされているとすると、目に向かっているのだろうか。仮にそうだとしたら、目まで着いてしまえば私を飛ばす風もなくなるだろうから、そこで墜落する段取りだったら嫌だね。
 そうする内に雲に入って、辺りが真白になったのでぼんやりとしていた所、いきなり傍を大きな白鶴がすり抜けて行った。大きな羽根をゆっくりと羽ばたかせて、するすると遥か向こうへ進んで行き、やがて見えなくなった。
「今晩は」
 声のした方を見たが、雲ばかりが白々としてよく解らない。
「誰か居るんですか。済みません、こっちからは見えないんです。雲に入っちゃってるから」
 大声で応えて見ると、返事が来た。
「雲ばっかりで大変ですね。私もさっき雨に当ってびしょ濡れになってしまって」
 若い女の声だった。
「僕の外にも、飛ばされた方が居たんですね。よかった」
「まあ」と云って、くすくすと笑った様な声がした。
「私も何だか、ほっとしました」
 この分だと外にも飛ばされた人が居るのかも知れない。
「ついさっき、大きな鶴が飛んで行きませんでしたか」
「ええ。それなら私も見ました。鳥はやっぱり空の上だと器用なんですね。こんなに風が強いのに、澄ました顔をしてたから」
「失礼かも知れませんが。最初あなたの声を聞いた時、僕はさっきの鶴が戻って来たのかと」
「随分ロマンチックな事を仰るんですね」
 くすくすと笑うので、私もつられて笑った。
「あなたはどちらから来られたんですか。僕は馬出からなんですけど」
「私は市内から来ました」
「外にも居るんでしょうかね」
「お年寄りの方なんかだと、辛いかも知れないですね。息苦しくって」
 そう云われると、空気が薄くなっている様な気がし出した。
「私、洋服のお店で働いてて。お店を閉めて、帰りに友達と食事に行くつもりで居たら、風に飛ばされちゃって。永い事一人でしたから、もう駄目か知らと思ってたんですけれど」
「これも何かの縁だから、今度お店に寄って見ますよ」
「あら。是非来て下さい」
「それにしても、僕らは一体これからどうなってしまうんでしょうね」
「心配要りませんよ。登ったのに降りられないなんて理屈はないんですから。猫じゃあるまいし」
 女が云ったのを聞くと、大方自衛隊や何かが来てくれるのだろうと、気楽な気持ちになって来た。
 足許から鋭い風の一陣が吹き上がった途端、急に雲が終わった。目の前が開けて、辺りはやっぱり暗闇だが、まん丸の月と目の覚める様な星々のきらめきが空の向きを教えてくれた。あんまりきれいだから、暫く見とれていると、不意に大きな影が星々を隠しながらゆっくりと横切った。あの白鶴だと思った。はっとして、
「今どの辺りなんでしょうね」と女の方へ顔を向けると、黒く細長いものが滅茶苦茶に絡まった様な丸いものが宙に浮かんでおり、そこからくすくすと笑った様な声がした。(了)