通り雨

 丸く大きな雨の粒が、無闇に隙間を開けてばらばらに降って来る。すると辺りに雨蛙の子どもが地面が見えなくなる程大量に湧き、方々へ跳ね始めた。僕はそれを眺めており、一緒に居た友人は懸命に踏み潰している。殺すことないだろと言うが、聞く耳を持たない。
 黒い雲が流れて来て、雨脚も強まり稲光がし出した。僕は近くにあったバス停の屋根の下へ逃れて、家庭科の時間に縫った雑巾を取り出し、ランドセルの水気を拭った。友人は尚も雨蛙を踏み潰している。
 水飛沫が煙の様に立ち込めて、友人の姿が段々と薄まって行く。ごうごうと鳴る雨の音を聞きながら、友人はこのままどこかへ溶け出してしまうのではないかと思うと、身動きが取れなくなった。
 滝の裏に居る様な心地で雨の向こうを眺めていると、背の高い影が友人の傍に立って、耳打ちの様な格好をしている。寄り添った二人の影は雨の中に潤んで、地面へ流れてしまわないのが不思議に思われる程覚束無かった。
 何かあったらいけないと思い、飛び出して行く覚悟を固める内に雨は急に上がった。
 幕が落とされた様に水が引き、眩い日差しが照り出した。友人は怪訝な顔をしてこちらを見ており、傍には誰も居なかった。
「何してんの」と言うから、
「お前、そこ誰かおらんかった?」
「うん? おらんよ」
「雨やばかったのにずっと外おったし」
「雨とか降ってねえやろ」
「降ったやろ」
「意味分からん」
「お前、だって体びしょびしょやん」
 友人はずぶ濡れになった自分の体を見ると、初めてその事に気が付いた様だった。(了)