災禍

 お客さんの所へ行って来ますと言って、事務所を出たのが午後の七時過ぎになる。
 それからお客さんの主催する合同コンパへ出席して、散々に飲んだくれた挙句、妙齢のご婦人からのお誘いを丁重にお断りしたなりで、再び事務所へ戻って来たのが明くる日の午前一時頃だった。
 真暗な事務所には勿論誰も居やしないが、居やしないからと言って自分の仕事が消えてなくなる訳ではない。私はきちんと机に就いて、パソコンに電源を入れた。
 私は嘘を言うのが嫌いだから、正直にお客さんの許へ行くと報告をして出て、また正直に帰って来た。上司は私の帰りを待つのが筋だろうと思うけれども、事務所のどこを探しても一向見当たらない。これは職務を放棄し、家へ帰り風呂に入って寝たと見て差し支えない。そうするとこちらも残りの仕事を片付ける筋合いなぞないのではないかと言う気になって来るが、私は上司とは違い真面目な人間であるから、一人で仕舞いまでやって帰って見せようと思う。
 色々の入力を行いながら、酒気を出す為にお茶を飲んでは小用に立ち、また飲んでは立ち、飲んでは立ちを繰り返している。
 明かりを外に漏らすのは事務所の面目に関わるので、パソコンの画面が光っているのだけが頼りだが、勝手の知れた事務所であるから、目を瞑っていようとも席と便所の往来に不自由はしない。しかし人が気持ち良く用を足している間中、外から馬鹿に騒ぎ立てる音が聞こえて来て非常に不愉快だった。何だかぽこぽことした太鼓の音や、ぺらぺらの笛の音、ふにゃふにゃに間延びした謡声が混ざり合って耳の中へ闖入して来る。
 間取りからして、事務所の入ったビルの路地裏だろうと当てを付けたが、一体こんな時間に何事かと思う。私はお茶を飲むのを控えて、仕事に集中する事にした。
 余り気に掛けるのは良くないと分かってはいるのだけれども、ここに居ても先程の騒ぎの音が微かに聞こえて来ていけない。どうも路地裏を行ったり来たりしているらしく思われた。
 そうする内にとうとう頭に来て、一遍怒鳴ってやろうかと便所まで行って窓を開こうとしたが、その際に聞こえた歌の内容が、間抜けな音調と比べて嫌に物騒だった為、尻込みしてしまった。

 時計を見ると四時に差し掛かろうとしていた。気が付かない間に眠ってしまったのかも知れない。ブラインドの隙間から薄っすらとした朝の光が流れている。大方の事務は済んでおり、後はこの報告を支社長に宛てて送信すれば良いので、私は威張って送信し、威張って便所へ向かった。
 便所の戸を開こうと取っ手を掴んだ所で、戸の直ぐ向こうから大騒ぎする音がいきなり聞こえ出した。
 びっくりして後退ると、太鼓や笛の音はもうそれとも付かない程滅茶苦茶に鳴らされ、歌の代わりにげたげたと言った笑い声が響いた。
 向こうから戸が叩かれているらしく、薄い板の表が震えたと思うと、今度は真中辺りがしなる程の圧迫が生じた。今にも蹴破って出て来そうな気勢に、私は段々おそろしい気持ちになって来た。
 その場にはもう居られなかったから、静かに自分の机まで戻って、荷物を纏めた。
 相変わらず便所の方から聞こえる騒ぎに怯えながら、去り際にパソコンの画面を見た。支社長からの返信が来ていた。私にはそれが何よりおそろしかった。(了)