水面

 一週間も降り続いた雨が漸く上がったので、近くの洋食屋へオムライスを食べに行こうと思い立った。
 お昼過ぎに家を出ると、道いっぱいに薄っすらと水が張っていた。冗談の様に澄み渡った空から射す明かりを反射して、映し出された家並みはゆらゆらと白や緑に輝いていた。あれだけ降ったのだから仕方が無いだろうと思うけれど、長靴を出して来るのも面倒だったから、そのまま出て行く事にした。
 成る可く靴が水に浸からないように、縁石の上をゆっくりと歩いた。軒や看板に照り返しが揺れて、水の中に居る様な気持になった。犬や猫がそこいらをばしゃばしゃと音を立てながら闊歩している。辺りをよく見ると、水鳥や亀も居る。随分様変わりしてしまったと思うと、段々面白くなって来た。下水や何かの不備であったとして、直してくれなくても良いのにと思った。坂を登り、遠くを見渡すと、地面が大きな鏡の様に見える。山や建物が逆さまに映って、宙に居る錯覚が起こった。
 洋食屋に着くと、入り口の辺りに二三匹の鰐が居た。大型犬程の大きさで、身じろぎ一つせずに、お行儀良く下顎を水に浸けて静まっている。周りの人は気に留めていない様だったから、自分も鰐を跨いで店内へ入った。
「ああ言う趣向にしてみましたの」と馴染みのウエイトレスが微笑みながら言った。「誰か噛み付かれたりしないのかい」と訊くと、
「まあ。良い物を食べさせておりますから、今更生の物になんて見向きもしませんわ」
「餌付けしてるのかい」
「ここのメニューと同じ物を」
「俺より良いもん食ってら」
 ウエイトレスは銀色の盆で口元を隠して笑った。
「朝の早くだと、まるで人の様な声を出しますのよ」
「何て言うんだい」
「近頃は聖書のお言葉を、少しずつ憶えている様ですわ」
 会計を済ませて外へ出ると、鰐は来た時と変わらない姿勢で居た。どうにかして声を聞きたくなったので近づいて見たが、こちらに目を向ける事も無くぼんやりとしている。
 鼻頭を弾いてやろうと手を差し出した途端に、大きく口を開いたので吃驚して飛び退いた。自分の手を擦りながら鰐を見ると、開いた口をゆっくりと閉じながらぱちぱちと瞬きをした。どうやら欠伸をしたらしかった。(了)