水瓶

 西崎のおばさんの家の道に面した軒下に、永い事大きな水瓶が出してあった。幼い私は学校へ行く途中や、遊びに出る際に度々その水瓶を覗いた。中には石ころの大きいものや小さな木片が入っており、雨水が溜まって磯の様になっている事もあれば、乾き切って干からびた苔が硬く縮んでいる事もあった。
 春を少し過ぎた頃、よく晴れたお昼過ぎに通り掛かったので覗いて見ると、縁までいっぱいに溜まった水の表面が風に吹かれて揺れていた。波のささくれに外の光が映り、底の方を暗くしてよく見る事が出来なかった。早く波が収まってくれれば良いのにと思いながらじっと覗いていると、ゆるゆると広がる波紋の陰に何か見え隠れするものがあった。底に転がった石の上に、小さい鳥居が立っている様だった。
 何してんのと声が掛かったので顔を上げると、級友の戸村が居た。
「トム。見てこれ、なんかある。これ。こんなか」
「どれどれ」と言って戸村は水瓶を覗くと、まじだと言って手を突っ込んだ。しかし思いの外深いらしく、
「ちょい俺の手、片方持っといて。すげえ遠い」
 戸村が水瓶に落っこちてしまうと、自分ではどうする事も出来ないだろう。そう考えると非常に不安な気持ちになって来たので、水に突っ込んでいない方の彼の片腕を抱えて踏ん張っていた。戸村を見ると、伸ばされた腕は肩まですっぽりと水に浸かっている。
 そうして暫く水瓶の中を掻き混ぜる様に腕を動かしていたが、やがて何か得るものがあった様で、一息に水に浸かった腕を引き抜いた。見ると戸村は柳の葉の束になった様なものを掴んでいる。
「なんこれ」と訊くと、
「わからん」
「なんか赤いのは? 鳥居みたいなん、俺見たよ」
「わからん」と言って、自分の掴んだものを眺めながら合点の行かない風な顔をしている。(了)