海沿いの道を散歩していると、波際に何かぼんやりとした明かりが見える。夜の更けつつある頃合いだった。
 浜まで降りるなり転ぶ所だった。砂の踏み心地が随分柔らかく、歩かなければそのまま飲み込まれてしまう様な気持ちになった。温かい潮風がもう指の隙間やらへ入り込み、私に纏わり付いている。
 明かりまで近付いて見ると、懐中電灯の付いた鉢巻を当てた男が暗い海に向かって屈んでいる。
「今晩は」
 男はこちらを振り返って、
「今晩は、どうも」
 急に電灯を正面から見たので目が眩み掛けた。
「何をされているんですか」
「見ての通りですよ」
 男は両手に榊の束を抱え、海水に浸してゆっくりと左右に振っている。
 見ても分からなかったが、分からないなりに暫くそれを見ていると、
「榊の葉っぱを手に取って見ると、昼間なら良いが、夜だと暗いから、私には本当にそうなのか解らなくなるんです。触った感じなんかは、確かに榊なんですがね」
「海に浸けると解るんですか」
「それとこれとは、また別の話になって来るんですがね。こうしていると、海月が釣れるんですよ。私にはそれが面白くて」
「その榊で海月が釣れるんですか」
「まあ見ておいでなさい」
 ずっと沖の方から神楽鈴を鳴らす様な音が微かにした。向こうの空の縁が、少し赤み掛かっているらしく思われた。
「来ましたよ、ほら」
 見ると、海中で揺らされる榊の周りに、小さな明かりが幾つも集まっている。男は手を止めると、
「こうして暫く置きますとね、葉っぱにくっ付くんですよ」
 そうして、もうそろそろだろうと言う所で男は榊を海から引き上げた。確かに葉っぱに半透明の光るものが沢山くっ付いているが、海月にしては胴が長過ぎる様に思う。
「それをどうするんですか」
 男は満足そうに微笑みながら、
「刺身にして食べるんです」と言った。(了)